地域連携室

医療機関の機能分化が進む中、中林病院は南あわじ地域における急性期医療の一端を担い、住民の皆様に安心して治療を受けていただくには、地域の先生方との連携が大変重要であると認識しております。

地域の先生方からの患者様の紹介や検査のご依頼受付、また退院後の当院よりの逆紹介などを中心に綿密な地域連携を目指しています。

中林病院地域連携室は患者さまの入院から退院後までを見据えた支援をさせていただいております

MSW(社会福祉士)1名、相談員2名で他部門および各関係者と連携、協働して対応しております。

業務内容

前方連携業務

  • 紹介元への検査結果および診療状況のご報告
  • 患者さまに関する情報提供への対応
  • 紹介・逆紹介などの地域医療連携に関するデータ管理

後方連携業務

  •  転院に関するご相談、連絡調整
  •  退院後の在宅医療・介護に関するご相談
  •  退院後の施設入所に関するご相談
  •  当院および地域の事業所との連携・協働

医療福祉相談業務

  • 患者さまの状況に応じた制度の利用に関するご相談

その他患者さまご家族様が抱える社会的・心理的・経済的な問題に対するご相談

相談例

  • 退院後の生活が心配、不安がある
  • 介護保険って聞いたことがあるけど、どうしたらいい?
  • 介護保険の申請の仕方を知りたい
  • 車いすや電動ベッドを利用したいのだけど
  • ケアマネージャーってどうやって決めるの
  • 自宅に看護師に家に来てもらいたい
  • 自宅でリハビリを受けたい
  • 医療費の支払いについて心配している
  • 転院や施設への入所について知りたい  など

◎ 相談窓口

ご来院の際は、相談室に直接おいでいただくか受付か病院スタッフにお声かけください。

お電話いただいても結構です。

個人の秘密を厳守します。

相談について他の病院スタッフ等に知られたくない方は、その旨お申し出ください

相談費用は掛かりません

原則、当院通院もしくは入院中の患者さんと、その方に関するご相談に限られていただきます。

患者様の紹介について

  • 転院等の依頼は地域連携室へ連絡をお願いします。
  • 検査のみのご紹介(CT、MRI、マンモグラフィー)の場合は、事前に電話連絡いただき「撮影予約申込書」にて予約をお願いします。 ※MRI撮影装置更新のため2024年8月9日~2024年9月末の間は検査できません。
  • こちらから「撮影予約申込書・MRI問診票」をダウンロードできます。

※診療用画像データは原則的にDICOMデータのビューワー付きでのご提供となります。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは?

当院のセカンドオピニオン外来では、当院以外の主治医におかかりの患者さんを対象に、診断内容や治療法に関して当院での意見・判断を提供いたします。
その意見や判断を、患者さんがご自身の治療に際しての参考にしていただくことを目的としております。
セカンドオピニオン外来を受けるにあたっては、下記の事項をご理解の上、 お申し込みをお願いいたします。

セカンドオピニオン外来の内容 診断内容や治療法に関して当院での意見・判断を提供いたしますが、 治療行為は行いません。
相談後の治療は主治医に継続していただく事が原則であり、相談内容については主治医にご報告させていただきます
相談内容 治療に関する相談のみとなります。 医療訴訟の問題、医療費の内容、医療給付に関する事、主治医に対する不満、転医希望等に関する相談はお受けできません。
対象となる方 原則として患者さまご本人です(告知を前提とする)が、必要書類をお持ちいただければご家族さまだけでも相談は可能です。
必要な書類 現在かかられている医療機関の診療情報提供書(紹介状)、検査資料(画像データ又はフィルム、血液検査データなど)、同意書、問診票。
<患者様が来院されない場合>
・患者さまとの続柄を確認できるもの(戸籍謄本など)
・ご来院者の身分証明ができるもの(運転免許証、パスポートなど)
お申し込み方法 セカンドオピニオン外来は完全予約制となっております。
予約受付は、当院の地域連携室で承っております。
お申し込み・お問い合わせ先:地域連携室
TEL.0799-42-6200(代) FAX.0799-42-6203
【受付時間】
月~金曜日 9:00~18:00
実施日と時間帯 13:00~16:00 、 18:00~19:00(完全予約制) 
担当医と調整の上決定します。お返事には数日かかることがあります。
時間・料金 30分 15,750円
※相談時間は、30分までを原則とさせていただきます。
※相談内容により、30分を超える場合は最長60分までとし、追加費用(60分で31,500円)が必要となります。
※健康保険適用外で、全額自費になります。
※主治医への報告書作成を含みます。
対象疾患 消化器内科・外科

食道疾患、胃疾患、大腸疾患、肝臓疾患、膵臓疾患、胆のう疾患など

泌尿器科・腎臓内科

泌尿器科疾患全般、腎不全、腎炎・ネフローゼ、血液浄化療法など

耳鼻咽喉科

アレルギー性鼻炎、中耳炎、めまい、難聴、副鼻腔炎、扁桃炎、耳鼻咽喉科疾患全般

整形外科

脊椎・脊髄疾患、側弯症、関節症(リウマチ性、変形性)、スポーツ外傷・障害(脊椎、肩、肘、手、股、膝、足)、手・足の外傷・疾患など